アライグマが及ぼす被害

食べてるねずみ

日本ではねずみによる被害にも、アライグマによる被害も問題になっています。

アライグマは害獣仲間であるハクビシンと似たような被害をもたらします。

アライグマ、ハクビシンもねずみと同様、屋根裏などを好み、そこに巣を作り住み着きます。

一度住み着いてしまうと、そこで排泄を行います。
害獣の排泄物には、細菌や病原菌が多く含まれていることがあり、それによりその場の木材などの素材を腐らせてしまいます。
さらにダニやカビなどの発生の原因になってしまうこともあります。
これにさらに汚臭や空気汚染の原因へと繋がり、人間に大きな被害をもたらします。

アライグマによる被害が多くなるにつれ、各駆除業者でもそれにきちんと対応したアライグマ駆除方法も出てきました。
ねずみ駆除などの、ほかの害獣駆除と同じように、その害獣の種類に特化した方法できちんと駆除を行っています。

Read more

人間が生み出した害獣

飲むねずみ

先ほど紹介したアライグマですが、この動物を害獣化させてしまったのは、私達人間です。

もともとアライグマはペットとして多くの家で飼われていました。
アライグマという珍しい種類だからか、その世話をうまく行うことが出来ず、途中で放棄してしまう人が多くいました。
それにより、そのままペットであるアライグマを近所の森や公園に捨ててしまったことで、アライグマが野生化し、害獣と化したのです。

すべては人間のペットに対する責任感の甘さが原因となっています。

もちろん、もとから野生のアライグマが害獣として、多くの住宅に被害を及ぼしている可能性もありますが、人間が作り上げた害獣も存在するということに変わりはありません。

ペットの世話を放棄し、簡単にそこらへんに捨ててしまう人は減ること無く、今でも大勢います。
これがさらに危険なペットだった場合、被害だけに留まらず、命にかかわる問題になってしまうかもしれません。

こうしたことからも、人間のペットを飼うことに対しての責任感を見直す必要があります。

害獣駆除を行っている業者の作業員の方々には、「動物を殺す」ということで心が痛んでいる人もいるはずです。
少しでも、ねずみ駆除やアライグマ駆除を行う機会を減らしていくためにも、わたしたち人間も考えなければいけない部分があります。

Read more

業者のお仕事

ねずみの大群

害獣駆除は、自分自身でも行うことは可能です。
ホームセンターなどに行けば、その害獣に合った薬品や罠などが売られています。

しかし害獣駆除はときに危険と伴う場合もあります。
さらに行政に駆除に関する資料を提出しなければならないなど、面倒なことも多くあります。
なので、専門的な知識を持ち、経験豊富な業者に依頼することをお勧めします。

業者の場合は、専門的なプロであることから、そのような手続きも簡単に行なえ、資格を持っている作業員もいることから、安心して駆除をお願いすることが出来ます。

さらに専門の業者に依頼することで、害獣による被害の再発防止確率も高くなります。

さらに駆除を行った後は、その場所が害獣による排泄物で汚れていたり、害獣の死骸があったりします。
そのような場所の掃除を自分で行うのは、とても大変な作業になります。
そこも業者に依頼することで、掃除まできれいに行ってくれます。

このように、業者に依頼することは多くのメリットを得ることにもなります。
ですが、中には悪質な業者もあるので、きちんと見極めを行いながら、業者を選ぶようにしましょう。

ねずみ駆除やアライグマ駆除を始めとする駆除作業は、早期に行うことが一番効果を表します。
なにか違和感を感じる、害獣の気配がしたら、一度業者に相談しましょう。

Read more